平成
29年
船釣り 堤防・磯
9/11

9/17
活イワシの五目船は、金華山〜網地島周りで、ヒラメが1船あたり6人前後で20〜40枚、1人0〜10枚、35cm〜72cmまで。イナダ、ワラサが船中10〜30匹と多く、35cm前後の小型から60cm前後の良型混じり。。他ソイ、マトウダイなどが混じっている。エサは15cm前後の良型のマイワシ。
カレイ船は水温の低下とともに、田代島、網地島周りのマコガレイや石巻漁礁のマガレイも期待。
渡波港周辺では、投げ釣りでアイナメが2〜15匹、30cm前後から41cmまで。マコガレイが手の平大から30cm前後まで0〜3枚。エサ盗りのフグはまだまだ多く、エサは多めに。
北上川河口周辺では、投げ釣りでイシモチが1人5〜15匹、15cm〜25cm、40〜50cmのセイゴ混じり。
半島方面の堤防周りでは、コマセのサビキ釣りで20cm前後の小サバ、ウキ釣りでは黒鯛、海タナゴ、メバルなど。
9/4

9/10
活イワシの五目船は、網地島〜金華山周りでヒラメが1船あたり6人前後で10〜55枚、1人0〜10枚、平均5枚前後、35cm〜88cmまで。他77、75cmなどの大型も。イナダ〜ワラサが多く、船中10〜50匹、30cm〜75cm、他アイナメ、ソイ、マトウダイ、マダイなど混じりでまずまずの釣果。
カレイ船は、石巻漁礁方面でマガレイが1人10〜30枚、15cm〜30cm。小型が多くなってきた。
渡波港周辺では、投げ釣りでマコガレイが0〜2枚、手の平大から30cm前後まで、小型のアイナメ混じり。夜釣りではアナゴも。
北上川の河口から中瀬周辺では、投げ釣りでイシモチ、セイゴ、ウナギ、ハゼなど。ルアーのシーバスは釣果が落ちてきた。
半島方面の磯、堤防周りでは、フカセ釣りで黒鯛が0〜2枚、25cm〜35cm。他サバ、海タナゴ、メバルなどが狙い目。夜釣りでは投げ釣りでアナゴが良型混じりで釣れている。
8/28

9/3
今週末は、台風の影響でウネリが高く、沖釣りは全船出船見合わせ。活イワシの五目船は、網地島〜金華山周りでヒラメ中心に青物、根魚混じり。カレイ船は水温の低下とともに田代、網地島周りのマコガレイに期待。網地島沖〜金華山沖では、ジギングでサバ、イナダ中心に50〜60cm級のワラサも狙い目。
万石浦のハゼは、水温高めで低調。
牡鹿半島の堤防や女川方面では、コマセサビキで30cm前後のサバ。夜釣りでメバル、アナゴなど。
渡波港周辺や半島方面では投げ釣りで小型のアイナメやマコガレイ、ワームでベッコウゾイや黒ソイなどが狙える。
北上川河口周辺では、投げ釣りでイシモチ、セイゴ、ウナギなどの五目釣り。ルアーでは60〜70cmのシーバスも狙い目。
8/21

8/27
活イワシの五目船は、網地島〜金華山周りで、ヒラメが1船あたり6人前後で15〜62枚、1人0〜13枚、35cm〜最大94cmまで。他80、78cmなど大型が混じっている。他ワラサ、ソイ、アイナメ、マトウダイなど混じってまずまずの釣果。エサは15cm前後の良型のマイワシ。
カレイ船は、石巻漁礁方面でマガレイが1人20〜35枚、15cm〜30cm。マコガレイ混じり。
渡波港周辺では、投げ釣りでマコガレイが0〜3枚、手の平大から35cm前後まで、小型のアイナメ混じり。早朝や夕マズメにワームでベッコウゾイ、夜釣りではアナゴも。
北上川の河口周辺では、投げ釣りでイシモチ、セイゴなど。エサに青イソメ。ルアーでは70cm前後のシーバスも。
半島方面では、ウキ釣りで黒鯛、海タナゴ、メバル、サビキ釣りでサバ、夜釣りでドンコ、アナゴ、ワームを使ってメバルなど。
8/14

8/20
活イワシの五目船は、網地島〜金華山周りで、ヒラメが1船あたり6人前後で15〜72枚、1人1〜23枚、40cm〜75cm。40〜50cmの中型が中心。ワラサが船中0〜4匹、60cm〜74cm、他アイナメ、ソイ、マトウダイなどが混じっている。
ジギングでは、網地島沖〜金華山沖でサバが1人20〜30匹、30cm〜45cm。他シイラ、イナダ混じり。
カレイ船は、、田代〜網地島周りでマコガレイが1人5〜10枚、15cm〜38cm。小型のアイナメ混じり。
渡波港周辺では、早朝や夕マズメを狙って投げ釣りでアイナメ、マコガレイ、ワームでベッコウゾイ、マゴチ、夜釣りではアナゴも狙い目。
北上川河口〜中瀬周辺では、ルアーを使ってシーバスが0〜2匹、70cm前後の良型混じり。エサ釣りではセイゴ、フッコ、イシモチ、ハゼなどの五目釣り。
半島方面の堤防周りは、ウキ釣りやワームでメバル。早朝や夜釣りで良型混じり。コマセのサビキ釣りではサバが大型混じり。
8/7

8/13
活イワシの五目船は、網地島〜金華山周りで、ヒラメが1船あたり6人前後で5〜37枚、1人0〜9枚、45cm前後から70cmまで。エサは15cm前後の小型のマイワシが入り、ヒラメの活性もようやく上向きになってきた。
カレイ船は、石巻漁礁方面ではマガレイが深場に移動。50mラインではまだ狙えそう。田代、網地島周りのマコガレイは、数、型とも低調。
北上川は濁りが入り低調。濁りが取れてくれば投げ釣りでイシモチ、セイゴ、うなぎなどが狙い目。
渡波港周辺では、早朝や夕マズメに投げ釣りで30cm前後のマコガレイやイシガレイ、小型のアイナメなど。、夜釣りではアナゴ、ワームを使ってマゴチやベッコウゾイなど。
半島方面の堤防周りでは、30〜35cmの良型のサバがサビキ、ルアーなどで釣れている。
7/31

8/6
活イワシの五目船は、網地島〜金華山周りでヒラメが1船6人前後で5〜32枚、1人0〜13枚、40cm前後から72cm、他60cm〜70cmの良型が多く、バラシも多数。他サバ、ワラサ、アイナメ、スズキ、ソイなどが船中0〜3匹。
カレイ船は、石巻漁礁方面でマガレイが1人15〜55枚、15cm〜40cm、マコガレイ、イシガレイ混じり。マガレイは良型多数。
万石浦では、マコガレイ、アイナメ、セイゴ、海タナゴなどの五目釣り。湾内は波も穏やかでファミリーフィッシングにも最適。
渡波港周辺では、投げ釣りでマコ、イシガレイが0〜5枚、25cm〜40cm、アイナメが0〜5匹、20〜30cm。早朝や夕マズメが狙い目。夜釣りではアナゴが0〜15匹。朝、夕はルアーでシーバスやベッコウゾイなど。
北上川の河口周辺では、投げ釣りでイシモチやセイゴ、ルアーでは大型のシーバスも。夜釣りではウナギも狙い目。
半島方面では、コマセサビキやウキ釣りで大型のサバが好調。夜釣りでは、アナゴ、ドンコ、メバルなど。
7/24

7/30
活イワシの五目船は、網地島〜金華山にかけてヒラメが1船あたり6人前後で7〜23枚、1人0〜6枚、40cm〜88cmまで。他84cmなど大型が釣れている。他アイナメ、ソイ、メバル、ワラサが船中2〜3匹。エサのイワシが大きく、外道も少ないが、ヒラメのバラシも多く、リールのドラグ調整は要注意。
カレイ船は、石巻漁礁でマガレイが1人20〜32枚、15cm〜30cm、マコガレイ、イシガレイ混じり。マガレイは大、小、型混じり。水温の上昇でカレイ船は下降ぎみ。
北上川河口〜中瀬にかけて、イシモチ、セイゴが好調に釣れている。投げ釣りでは青イソを使って50cm前後のセイゴが1人1〜5匹、ルアーでは大型のシーバスも混じっている。マゴチ、ヒラメの釣果は落ちてきた。濁りが入れば日中でもウナギが狙い目。
渡波港では、投げ釣りでマコガレイ、イシガレイが0〜5匹、20cm〜42cm、アイナメ混じり。早朝、夕マズメの釣果。
半島方面〜女川方面の堤防周りは、コマセのサビキ釣りでサバが大型混じりで釣れている。
7/17

7/23
活イワシの五目船は、網地島〜金華山にかけてヒラメが1船あたり6人前後で3〜30枚、1人0〜7枚、35cm〜最大80cmまで。他78,77など大型が見られた。他アイナメ、ソイ、ワラサなどが船中数匹。エサはマイワシ20cm以上の大型中心。
カレイ船は、田代〜網地島周りでマコガレイが1人2〜12枚、20cm〜40cm。マコガレイの釣果は落ちてきた。ポイントによりマガレイ混じり。石巻漁礁方面では、マガレイが1人15〜60枚、15cm〜40cm、マコガレイ、イシガレイ混じり。小型から30cm前後の良型まで型混じりでまずまずの釣果。
北上川河口〜中瀬にかけて、投げ釣りでイシモチが5〜15匹、20〜30cm。50cm前後のセイゴ混じり。エサに青イソメ。ミミズや平貝を使ってウナギも釣れている。ルアーではシーバスやマゴチ、ヒラメなど、早朝や夜釣りが狙い目。
渡波港周辺では、ワームでマゴチやヒラメが早朝、夕マズメ、夜釣りのエサ釣りでは良型のアナゴも混じってきた。
半島方面の堤防周りは、ウキ釣りやワームでメバル。早朝や夜釣りで良型混じり。コマセのサビキ釣りではサバが良型混じり。磯の黒鯛は釣果が落ちてきた。
7/10

7/16
活イワシの五目船は、網地島〜金華山にかけてヒラメが1船あたり6人前後で10〜31枚、1人0〜10枚、35cm〜最大は83cmまで。他70cm級も。ポイントにより小型も混じっている。35cm以下はリリースを。他ワラサ、ソイ、アイナメ、マゴチなど。エサは15cm前後から20cm以上の混じりのマイワシ。
カレイ船は、田代〜網地島周りでマコガレイが1人10〜25枚、15cm〜43cm。ポイントによりマガレイ、アイナメ混じり。
北上川河口周辺では、投げ釣りでイシモチが5〜20匹、15〜30cm、小型が多くなってきた。セイゴ、フッコが0〜5匹、30cm〜65cm。ルアーでは良型のシーバスも。
渡波港周辺では、投げ釣りでアイナメやカレイ、朝、夕が狙い目。夜釣りでアナゴも釣れている。ワームでマゴチやヒラメの釣果も。
牡鹿半島の堤防周りは、ウキ釣りやワームでメバル。コマセのサビキ釣りではサバ。
7/3

7/9
活イワシの五目船は、田代島〜網地島周りでヒラメが1船あたり6人前後で5〜21枚、1人0〜7枚、40cm前後〜最大は85cmまで。他75、70など大型混じり。他ソイ、ワラサ、ヒラマサ、スズキ、マゴチなどが混じっている。エサはマイワシの15cm前後。
カレイ船は、田代〜網地島周りでマコガレイが1人10〜20枚、15cm〜40cm。。ポイントによりマガレイ混じり。石巻漁礁方面では、マガレイが1人30〜60枚、18cm〜40cm、30cm前後の良型中心に好調。マコガレイ、イシガレイ混じり。
北上川河口〜中瀬周辺では、投げ釣りでイシモチが5〜15匹、20〜35cm。セイゴが0〜3匹、30cm〜50cm。ルアーではシーバスやマゴチ、ヒラメも狙える。渡波港周辺では、投げ釣りでアイナメやカレイ、夜釣りのアナゴは小型中心。ルアーでマゴチ、ヒラメ、ベッコウゾイ、夜釣りではシーバスも狙える。
黒鯛は、牡鹿半島の磯周りで30cm〜51cmまでが1人0〜12枚。水温の上昇でポイントにより釣果にムラあり。コマセのサビキ釣りではサバも釣れている。
6/26
〜7/2
カレイ船は、田代〜網地島周りでマコガレイが1人15〜25枚、20cm〜42cmまで型混じり。石巻漁礁方面はマガレイ、マコガレイ混じりで1人30〜90枚、15cm〜48cm、30cm前後の良型中心に好調が続いている。
活イワシの五目船は、田代島、網地島周りでヒラメが1人0〜7枚、35cm〜78cmまで。他50cm前後のワラサが船中2〜6匹、他スズキ80cm、ソイ、マゴチなど。エサが大きいためかバラシも多い。
石巻漁港から北上川河口周辺では投げ釣りでイシモチが3〜15匹、20cm〜35cmの良型。朝、夕が狙い目。渡波港周辺では投げ釣りでマコガレイが0〜1枚、35cmまで、小型のアイナメ混じり。夜釣りではアナゴ、メバルなど。ワームでマゴチが58cmまで、小型のヒラメ混じり。
牡鹿半島の磯、堤防周りでは、黒鯛が1人0〜5枚、最大53cmまで。投げ釣りでマコガレイやアイナメ、夜釣りでアナゴなど。ウキ釣りで海タナゴ、メバル、サバなど。
6/19
〜6/25
カレイ船は、田代〜網地島周りでマコガレイが1人10〜32枚、15cm〜43cmまで。ポイントによりマガレイ、ミズガレイ混じり。石巻漁礁方面はマガレイ中心に1人平均50〜60枚、数型ともまずまずの釣果。マコガレイ、イシガレイ混じり。
活イワシの五目船は、田代島、網地島周りでヒラメが1船あたり6人前後で3〜24枚、1人0〜5枚、35cm〜75cm。他ワラサ、マゴチ、マトウダイが数匹。エサのイワシが大きく混じりものも少ない。
渡波港周辺では、投げ釣りでアイナメ、イシガレイ、夜釣りでアナゴ、メバルなど。ルアーでマゴチ、ヒラメ。
牡鹿半島の堤防周りでは、投げ釣りでマコガレイやアイナメ、夜釣りでアナゴなど。ウキ釣りでメバルやタナゴ、30cm前後の良型のサバの回遊も見られる。磯周りの黒鯛は、1人0〜2枚、47cmまで。
北上川河口周辺〜中瀬にかけて、投げ釣りで30cm前後の大型のイシモチがセイゴ混じりで3〜15匹、エサに青イソメ。、
6/12

6/18
カレイ船は、田代〜網地島周りでマコガレイが1人10〜42枚、20cm〜47cm。40cm前後の良型から手の平大まで型混じり。ポイントによりマガレイ混じりで好調。他アイナメ、マダコ、ミズガレイなど。石巻漁礁方面はマガレイが1人30〜81枚、15cm〜40cm、イシガレイ、マコガレイ混じりで好調。
活イワシ五目船は、田代島〜網地島周りでヒラメが1船あたり6人前後で5〜31枚、1人0〜6枚、35cm〜72cm。他アイナメ、ワラサ、ソイ、マゴチなど。エサのイワシが大きくバラシも多く、早合わせは禁物。
北上川周辺では、投げ釣りでイシモチが2〜10匹、25cm〜33cmの良型。ルアーやエサ釣りでシーバスが0〜2匹、40cm〜70cm。渡波港周辺では、投げ釣りでマコガレイが小型から30cm前後まで0〜2枚、アイナメ混じり。ワームでマゴチ、ベッコウゾイ、40cm前後のヒラメも混じっている。
半島方面の堤防周りでは、ウキ釣りで小型のメバル、海タナゴなど。良型のサバの回遊も見られる。投げ釣りでマコガレイやアイナメ。磯周りの黒鯛は大型も見られたが全体に数も少なく低調。どのポイントもエサ盗りのフグ多数。
6/5

6/11
カレイ船は、田代、網地島〜金華山方面でマコガレイ1人10〜35枚、15cm〜46cm、手の平大から40cm前後まで型混じり。金華山方面はマガレイ、ミズガレイ混じり。他アイナメ、マダコ混じり。石巻漁礁方面はマガレイが1人20〜95枚、15cm〜40cm、イシガレイ、マコガレイ混じりで好調。
活イワシの五目船は、ヒラメが6人前後で船中1〜8枚、1人0〜2枚、40cm〜75cmまで。他アイナメやソイなど根魚が船中0〜5匹。エサはマイワシの20〜25cmと大きめ。
北上川周辺では投げ釣りでイシモチが釣れだした。早朝から夕マズメが狙い目。ルアーではシーバスやマゴチなども狙いめ。
牡鹿半島方面では、磯周りで黒鯛が1人0〜1枚、最大55cm、他53cmなど大型の釣果。エサ盗りのフグ、サバも多くなってきた。堤防周りでは海タナゴやメバル。探り釣りやワームを使ってアイナメも良型が混じってきた。渡波港周辺は、投げ釣りで手の平大から35cmのマコガレイが0〜1枚、アイナメが0〜5匹、40cm前後の良型混じり。ルアーではマゴチやヒラメも狙い目。。
5/29

6/4
カレイ船は、田代〜網地島、金華山方面でマコガレイが1人5〜25枚、手の平大から40cm前後まで型混じり。金華山方面はマガレイ混じり。他アイナメ、マダコなども。石巻漁礁方面では、マガレイが1人20〜70枚、18cm〜40cm、30cm前後の良型多数。マコガレイが多く混じって好調が続いている。
活イワシの五目船は、田代、網地島周りでヒラメが1船あたり6人前後で船中8〜16枚、1人0〜4枚、40cm〜75cmまで。他アイナメ、ワラサ、スズキ、ベッコウゾイ、マゴチなども。
牡鹿半島の磯周りで黒鯛が1人0〜1枚、35cm〜45cm。全体に数は出ていない。水温の上昇とともにエサ盗りも多くなってきた。堤防周りでは、投げ釣りでマコガレイやアイナメ、ウキ釣りで海タナゴやメバル、夜釣りでは投げ釣りでアナゴ、ワームで良型のメバルも狙い目。30cm前後のサバの回遊も見られる。
渡波港周辺では、投げ釣りでアイナメが0〜4匹、20cm〜40cm。他25cm前後のイシガレイ混じり。ワームを使ってマゴチが朝、夕中心に0〜3匹、35cm〜50cm。ヒラメ混じり。
5/22

5/28
カレイ船は、田代〜網地島周りでマコガレイが1人5〜16枚、1船あたり50〜60枚、手の平大から45cm前後まで型混じり。他ナメタ、イシガレイ、アイナメ、マダコ混じり。
石巻漁礁方面はマガレイが1人20〜70枚、15cm〜40cm、イシガレイ、マコガレイ混じりで好調。
活イワシの五目船は、ヒラメが船中6人前後で11〜25枚、1人0〜5枚、40cm〜84cmまで。ヒラメはやや上向き。エサのマイワシが20〜25cmと大きめで、トリプルチラシ仕掛けがおすすめ。
牡鹿半島方面では、磯周りで黒鯛が1人0〜2枚、最大53cmまで。他51,50cmなど大型が釣れ出した。エサ盗りのフグ、サバも多くなってきた。堤防周りでは海タナゴが1人0〜20匹、15cm〜29cm。探り釣りやワームを使ってアイナメも良型が混じってきた。夜釣りではメバルやアナゴも。
渡波港周辺は、投げ釣りで手の平大から35cmのマコガレイが0〜2枚、アイナメが0〜5匹、40cm前後の良型混じり。早朝や夕マズメにはワームでベッコウゾイやマゴチ、ヒラメなど。
5/15
〜5/21
カレイ船は、田代島〜網地島周りでマコガレイが1人3〜22枚、20cm〜40cm前後の良型混じりでまずまずの釣果。他アイナメ、ナメタ、小型のマダコが船中0〜3匹。石巻漁礁方面はマガレイが1人20〜80枚、15cm〜45cm、イシガレイ、マコガレイ混じりで好調が続いている。
活イワシの五目船は、田代、網地島 周りでヒラメが45cm〜64cmまで人1〜4枚、アイナメが船中2〜3匹、最大52cmまで、他ソイ、ベッコウゾイなど。水温上昇で上向き。
半島方面の堤防周りでは、海タナゴが1人0〜25枚、15〜30cm。そろそろ産卵期に入ってきた。磯周りでは大型の黒鯛も釣れ出した。投げ釣りではマコガレイやアイナメ。
渡波港周辺では、投げ釣りでマコガレイが1人0〜3枚、20cm〜35cm。アイナメが1〜10匹、20cm〜40cm前後まで。エサ盗りのフグも多くなってきた。ワームではベッコウゾイ、マゴチやヒラメの釣果も。
北上川周辺ではシーバスもそろそろ狙い目。
5/8
〜5/14
今週末は悪天候で全船出船見合わせ。
カレイ船は、田代、網地島周りで、マコガレイが良型混じりでまずまずの釣果。石巻漁礁方面は、マガレイが型混じりで1人40〜75枚と好調。マコガレイ、イシガレイ混じり。
活イワシ五目船は、田代、網地島、石巻漁礁方面で、ヒラメ、アイナメ、タラ、ソイ、メバルなどの五目釣り。これから水温の上昇とともにヒラメも数、型とも期待。
石巻漁港〜渡波港周辺では、投げ釣りでアイナメが2〜5匹、20cm〜41cm、マコガレイが1人0〜2枚、20cm〜40cm前後。小型のイシガレイ混じり。
牡鹿半島方面の堤防周りでは、、投げ釣りでマコガレイやアイナメ、夜釣りでは大型も狙い目。ウキ釣りでは海タナゴが1人0〜15匹、15cm〜25cm。水温が安定せず、日により釣果にムラあり。朝、夕は良型のメバル混じり。
5/1
〜5/7
カレイ船は、田代、網地島周りで、マコガレイが1人1〜20枚、手の平大から50cmまで。イシガレイ、アイナメ、ナメタ混じり。50cmの大型ナメタも。かかり釣りは、桃浦方面でマコガレイが1人2〜12枚、25cm〜48cm。かかり釣りはそろそろ終盤。
活イワシ五目船も今月からスタート。釣果はヒラメが1船あたり船中6人前後で0〜8枚、35cm〜65cm。アイナメが1船あたり2〜11匹、30cm〜58cm。他黒ソイ、メバル、ベッコウゾイ、タラなど。エサは12cm前後のマイワシ。
渡波港〜石巻漁港では、投げ釣りでイシガレイ、マコガレイが1人0〜3枚、20cm〜40cm前後。渡波港ではアイナメが40cm前後の良型混じりで釣れだした。エサ盗りのフグも多くなってきた。夜釣りではワームでベッコウゾイ、メバルなども。
牡鹿半島方面の堤防周りでは、、投げ釣りでマコガレイ、イシガレイが0〜10枚、35cm前後の良型混じり。ウキ釣りでは、海タナゴが1人5〜20匹、15cm〜25cm。エサにジャリメ、青イソメ。夕マズメにメバル混じり。
4/24
〜4/30
カレイ船は、田代、網地島周りで、マコガレイが1人5〜17枚、20cmから50cm前後の大型まで型混じり。イシガレイ、アイナメ、ナメタ混じり。石巻漁礁方面は、マガレイが1人40〜55枚、15cm〜35cm、イシガレイ、マコガレイ混じり。
かかり釣りは、桃浦方面でマコガレイ1人3〜29枚、20cm〜52cm、40cm以上の良型が多く混じっている。
渡波港〜石巻漁港では、投げ釣りでイシガレイ、マコガレイが1人0〜5枚、20cm〜40cm前後まで。30cm前後のアイナメも混じりだした。
牡鹿半島方面の堤防周りでは、コマセのウキ釣りで海タナゴが1人5〜38匹、15cm〜30cm。水温が安定せず、日により釣果にムラあり。投げ釣りでは大型のマコガレイも狙い目。
4/17
〜4/23
カレイ船は、桃浦周辺のカキ筏周りでマコガレイが1人2〜15枚、20cm〜48cm。良型のアイナメも混じってきた。カレイのマキエが効果的。長浜沖は北上川の濁り水が入り低調。
流し釣りは、田代、網地島周りでマコガレイが1人3〜18枚、型は25cm前後から45cm前後の良型まで型混じり。他ハダガレイ、イシガレイ、アイナメ混じり。水温の上昇とともに、これから数、型とも期待。
来月からは活イワシの五目船も出船予定。
渡波港周辺では、投げ釣りでマコガレイが1人0〜1枚、30cm前後から40cm以上の良型混じり。濁り続きで低調。エサ取りのフグも混じり出した。他小型のイシガレイ。アイナメは遅れぎみ。エサは青イソメか岩イソメ。
半島方面でも投げ釣りで40cm前後の良型のマコガレイが釣れている。一部では海タナゴも釣れ出した。朝、夕中心に25cm前後の良型混じり。エサはジャリメ、活エビ、青イソメなど。
北上川周辺では濁りが取れてくればシーバスも狙い目。

予約 お問い合わせ          

津田つり具店  宮城県石巻市幸町6−5
TEL 0225−24−0020
 

E−mail: tsuda−f@axel.ocn.ne.jp